2016年 京都のポーカー事情

ポーカー

(※2017年1月追記:現在は、祇園のRiverのみポーカーを営業中)
(※2017年2月追記:祇園のRiverが週4ポーカートナメを開催。PoolBlowがトナメを再開 詳しくはこちら

京都もじわじわとポーカー熱が盛り上がってきた。

もちろん、大阪のようにあちらこちらにポーカールームがあるわけではないが、ふらっと遊びにいけるお店がいくつかあるので、メンツに困るという状況が徐々に少なくなってきている。

そんなこんなで、今日は京都のアミューズメントポーカー事情を書きたい。(2016年1月現在)

ネットで「ポーカー 京都」と検索しても、いまいち古い情報や昔の大会ばかりで、感想的なものが非常に少ないのだ。まあ、それぞれの店舗でfacebookなどはしているのだが、まずそこにたどり着くにはお店に行かなければいけないし、アミューズメントカジノがポーカーをやっているかなど、なかなか分かりにくいことがある。

ということで、まずは店舗紹介と個人的な感想をば。(順適当)

★Beat (ビート)
まずホームページがないし、ブログも2014年の1月で止まっているのではたして存在するのかどうか、初めて行く人は不安になるかもしれないが、それなりに流行っているお店。木屋町や河原町あたりで呑んでから二次会的に行くには絶好のポジションを持っているため、ユーザーの幅も広く楽しく遊べて非常に使い勝手が良い。(追記:ホームページありました → ★Bar Beat

ポーカーテーブルは1台でトーナメントの時は2台に増える。他はバカラ、ルーレット、ブラックジャックがそれぞれ1台づつ。いわゆる、アミューズメントカジノバーだ。

火曜日と金曜日に行われる定期トーナメントにはだいたい10人から20人ほど集まる。平日のリングだと10時過ぎくらいからぼつぼつ集まり、12時にはテーブルがわりと開いているって感覚。

新規の人も常連もそれなりのバランスでいるので、比較的入りやすい。そして、お酒を呑みながら楽しくポーカーする感じなので、酔った勢いで「エイヤッ」というアクションにあうこと多し(笑)チップの上下は、夜と酔いが深まると共に幅が広くなる。

ビルの八階にある。下に看板が出ているので場所はとても分かりやすい。

★B (ビー)
最近、四条通に出来たカジノバー。上記のBeatと後述するPool Blowの共同出資で作られたお店。出来たばかりでピカピカである。場所も四条通のど真ん中にあり「こんな良い場所に作ったら、beatの客が流れるんじゃないのか・・・」と客ながら心配してしまうほどのアクセスにしやすさ。(案外すみ分けができてるっぽい)。

テーブルの内訳はBeatと同じ。

まだ出来たばかりなので平日にポーカーテーブルが開いている日はまちまちなのだが、確実にプレーヤーが増えている。月曜日にフリーロール、木曜日にKOバウンティ、土曜日に参加費高め(5000円)のトーナメントを実施していて、ポーカーに力を入れていこうとしている。ちなみに昨日フリーロールに行ったらウエイティングになった。

特徴的なのは、食事をするバーカウンターと遊ぶ場所が離れているので、BARとしても使えるところ。謎に食事に力を入れていてA5の黒毛和牛ステーキなども食べることができる。稼いだチップは食事にも使えることができるので、このありがたい肉を食べるためにポーカーを真面目にやろうという気持ちになれる。まだ出来たばかりで昔からの常連さんもいないので、将来に古参ぶりたいなら今がチャンスである。(追記:5月現在、ポーカーはほぼ毎日開いているほどに人気店に)

(地図がまだ登録されていなかった・・・麩屋町通りの近く。ここも看板で一目で分かる)
FB → https://www.facebook.com/casinobarb/

HP → 京都四条通カジノバーB

★River
順適当と書いておきながら、アクセスの良いところから書いているな。さて、ここ「river」もアクセスの良さからいうと良い。むしろもっとも良い位置に存在しているだろう。京阪祇園四条駅から10メートル。

ただここはカジノバーではなく、イタリアン。祇園のイタリアンの片隅にポーカーテーブルがポツンの一台置かれている変わったお店。不特定多数の人と交流ではなく、テーブルを借りて仲間内で遊ぶのに適した場所。トーナメントやリングなどもいつでも対応してくれる。ただテーブルが一台なので、何をするにしてもmax10人。

一応JPPTやポーカーサミットにも加盟しているので、不定期で代表選抜トーナメントが行われる。ネットなどに告知されるわけではないので、店長さんと直接連絡をとる必要あり。

イタリアンなので、ご飯が美味しいよ。

★Pool Blow
京都の老舗で関西最大級の広さである。ビリヤードから食事スペース、ダーツまで一通りのものが揃っており、雰囲気もとても良い。ここも食事に力を入れている。というか、Bの食事への力のいれようはこの店の流れを組んでいるらしい。残念ながら立地条件が上記の三つに比べると悪いので、僕自身大きなトーナメントの時しか行っていないのでこれ以上詳しくは語れないのが悲しいところ。場所は西京極。

ポーカーテーブルは2つあり、トーナメント時は会場の広さを使えばおそらく100人以上は余裕で入るだろう。

ちなみに、このPool Blow、Beat、Bの三店舗が合同でトーナメントのポイント管理をして、1年間のポイントを競い合う「京都で一番強いプレイヤー」を決める大会を今年から開始した。年間ポイントが一番高い人には「WSOP」出場権が与えられ、10位まで海外スポンサーしてくれる、けっこう大盤振る舞いなポイントレースだ。

今年から開始なので、まだまだどんな感じになるか分からないが、すごい楽しみな企画である。上手くたくさんの人が集まって京都ポーカーを盛り上がれば良いと思う。

HP: http://www.poolblow.jp/

京都No1ポーカーランキング:http://pokerguild.jp/series/399

★B.R.O2
カジノバーでもレストランでもなく、Bar。こじんまりしたバーの片隅にポーカーテーブルが一台置いてある。西院駅から西に向かって徒歩5分から10分程度。平日は主にリングが中心で週末にトーナメントをやっている。

常連さんが集まってワイワイやっているバーなので、最初は敷居が高いかもしれないが、一回ポーカーをやれば顔見知りになって心理的ハードルが低くなるので、とりあえず勇気を出して門戸を叩いてみよう。酒とゲームは偉大だ。なぜならすぐに仲良くなれるからだ。

ここはオーナーさんは少し変わっていて、年の3分の1くらいは海外に出稼ぎに行っている。もちろんポーカー出稼ぎだ。なので、僕はオーナーさんとはお店よりも海外で会っているほうが多い(ソウル、マカオ、ラスベガスなど)。僕のようにトーナメント中心の趣味的ポーカーではなく、キャッシュオンリーのガチな人なので、いろいろ教えてもらえるのがこの店の特徴だ(日本にいれば)。

ホームページもFBもないので、地図が貼れない・・・。西院駅を出て、四条通を西へ歩き、右手に見えるラーメン屋の上らへんにあったと思う。二階で、下にちょろっと看板を出していた、ような気がする・・・。

★京都JET
「京都 ポーカー」で検索するとわりと上位に出てくるお店。ただ、現在は定期トーナメントも平日も営業していない。現在は場所を貸すということをしている。ポーカーテーブルが5台のポーカー専門店。

JETに関しては思い出話だけになってしまうのだが、少しだけ語らせてもらおう。

元々、初代店長やオーナーさんが数年間マカオでポーカープロをしていた。そんな人らのポーカー専門店だけあってかポーカーに強くなりたい人が多くある傾向にあり、店長やオーナーの人脈で日本中のポーカープレーヤーを集めてのビッグトーナメントなどを開催していた。平日などは関西で行われるポーカー甲子園の予選や各地方の予選大会を開催し、JETの常連はわりといろんな所に顔をだすようになった。

次第にメンバーは海外に行くようになり、海外プロに刺激を受け、最終的には初代店長も二代目店長も海外でプロになるという結末を迎えた。ちなみにJETに名称を変更する前にやっていた時の店長もプロになっているようで、ここに関わるとなまじポーカーが強くなり、いろんな情報が集まるためポーカー沼にハマってしまう傾向にある。

開店休業中状態になってしまったのが残念である。

※上記のいずれもアミューズメントカジノであり現金は賭けることは出来ない。

どのお店もお勧めなのだが、もし初めてポーカーをするというのならば、アミューズメントカジノ系から入ると良いかもしれない。もちろん、ポーカースターズなどのネットで事足りている人もいるかもしれないが、ライブポーカーにはライブの楽しみ方があるので、お酒を片手に週末ぶらりと遊びに行ってみると良いと思う。初めてだけど興味がある、とスタッフに伝えれば、たぶん、なんとかしてくれるだろう。

京都で色白丸メガネの姿勢の悪い「もりゃ~ま」から連想できる苗字の男がいたら、声をかけてみよう。人見知りで、声が低くて聞き取りにくく、満足なコミュニケーションを取れる人間ではないのだが、話しかけるときっと喜ぶだろうからさ。

4 件のコメント

  • 検索から来た者です
    京都在住でオンラインでのみプレイしておりましたが、そろそろライブでもやってみたいと思い調べていたところこちらに行き当たりました
    最新の事情が書いてあってとても助かりました、ありがとうございます!
    いつかどこかでお会いすることがありましたら、よろしくお願い致します

  • 記事を書いた甲斐がありました!
    狭い世界なので、きっとお会いできると思います(笑)
    トーナメントを中心に出ているので、同席した時はよろしくです!(

  • この夏は家庭の事情でなかなか顔を出せていませんが、秋冬くらいからは復活したいと思っています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です