ACOP2015 おわり

ベネチアンのフードコート

※大体、お昼ご飯はベネチアンのフードコートで海外料理を食べるのである。

あと出場するトーナメントは一つと思っていたのだが、そういえば、2500KOバウンティもあったので2つだ。それに出場するため、今日もCODへ。

少し早くついたのでトーナメント会場の近くのソファでぼーっとしていると、通りかかった中国人らしき人に声をかけられる。

「やや、僕を憶えているかい?たしかこの間の大会で一緒の卓を囲んでいたと思うんだけどさ」「お、覚えているさ!(本当は覚えていない)」「いやー、すまない。名前が思い出せないんだが、僕の名前は○○さ(聞き取れなかった)」「もりゃ~まですー」

そういって、ソファのはす向かいの席に彼は腰を下ろした。

「これからトーナメント出るのかい?」「うん」「僕も普段はキャッシュしかしないのだが、いかんせん、出やすい金額だからね」「同感である」「日本人だよね?」「そういう君は中国人っぽい感じだね」「うん、僕は中国人さ。ここから200キロくらい北のこところに住んでいるよ。分かるかな、ほにゃらら(聞き取れず、というか地名分からず)」「いやー、分からんねえ」「まあ、僕はそこで学生しているのさ、来年からはニュージーかオーストラリアの大学院に行くつもりなんだよ・・・うん、これかい?小さいころよく見ていたんだよね、ドラえもん」(スマホカバーがドラだった)「日本のアニメなんてやってるんだ」「うん、テレビで流れてるよ」

まあ、こんな感じで延々と無駄話でトーナメントが始まるまで時間を潰した。英語も丁寧で流暢だし、身なりもよい。きっと裕福かつエリート的中国若者なのだろう。「ヘッズアップで会おう!」と京都の友人の口癖を真似て別れる。

2500KOバウンティ。5000チップスタートの25分回し。バウンティは500HK。一人ぶっ飛ばせば、大体約8000円だ。

あまりにも昨日はミスプレイが多かったので、慎重に慎重に攻める。そうこうしているうちに二時間半ほど過ぎ、一度AAでダブルアップしたきり、あまりチップは増えなかった。15BB程度になり、似たくらいのチップ量の人がレイズ。手元にはA10o。スチールのつもりでオールイン。相手、同じく位のチップ量なので、うんうん唸りながら悩むが、腹を決めてコール。

f:id:moryama:20151107163947p:plain

「oh,nice hand!」と白人さん、ペチペチとテーブルを叩く。僕の勝率は約7割。

f:id:moryama:20151107164009p:plain

とりあえずは安心か・・・。

f:id:moryama:20151107164037p:plain

「oufu(おうふ)」と僕。ランナーランナーフラッシュかい。ペチペチとテーブルを叩く。ううん、オールイン勝負にまったく勝てない。

まあしかし、ハンドはそんなに悪くない。これといった大きなミスもしなかったし、冷静さを保てている。明日の6時からのスペーディーに出場するか、今日は出て明日は一日キャッシュを打つか・・・。5分ほど考えて、今日スペーディーに出場することにした。

30分ほど遅れて入ると、同じ席には日本人で唯一のプレーヤーオブザイヤー(アジア)を獲得したSさんとインマネ常連の僕が苦手なアグレのおっさんが座っていた。どうして、こう、バイイン高いと強い人と同卓するのだろうか。まあ、相手を知っているという点では有利なのかもしれないが、できれば、もっとのんびりしたテーブルに座りたい。

しかもSさんもアグレのおっさんもすでにチップが二倍ほどに。このスタートして30分の間に何があったのか。やばい雰囲気がプンプンする。

とにかく、いつものように序盤はかっちりとタイトに打つ。ずーっとアベレージ周辺をうろうろしている間にSさんは着実にチップを増やしていっている。

レベル4だか5くらいの序盤に、Sさんがアンダーザガンからレイズしたのに対して、プレイに飽きてきたのかミドルポジションの兄ちゃんが、50BBほど突然オールインしてきた。「へへへ、たまにはこういうのもええやろ」と言わんばかりにニヤニヤしている。「おいおい、急に張りすぎちゃいますのんー」ってお調子者のレイズ芸に対する優しい笑いがテーブルを包む中、隣に座っていたSさんは僕の足をちょんちょんとつついてくる。えっ、まさかAA持ってるとか!?このタイミングで!?。「コール」兄ちゃんのおふざけAKオールインに対して、SさんのAAが火を噴く。AKに対してのAAは勝率は約90%。さくっと勝つ。やはり、この人は何かもってる・・・。しかも、アグレのおっさんもAKを持っていて、しぶしぶ降りたらしい。ううむ。

レベル6の休憩明けで、そろそろ第一回オールイン合戦の時間が近づいてきた。タイトなイメージをようやく形成できたというのに、僕は運悪くテーブル移動。移動先には韓国のプロのsimbaが座っていた。15BBを切り始めていたので、プッシュオアホールドだったのに、ついスチールしようとして、2回ほどリスチールされた。うう、10BBほどに減ってしまう。本日のミスプレイ。とりあえず、Aが来たら、もうオールインしかないなあ、と待っていると、400/800アーリーから1600へのレイズ。A4sで7000のオールインをぶち込む。相手は20bbほどだったので、少し悩みコール。9Qs。同じ色だ。

f:id:moryama:20151107164242p:plain

よしよし。

f:id:moryama:20151107164312p:plain f:id:moryama:20151107164339p:plain

きゅぅぅぅ~~~~~ッ!オールイン勝負まったく勝てねえ・・・。ダブルアップならず。

次の日もスペーディーにリエントリーできるけど、なんだか今回は駄目そうだ。ギャラクシーの新しいポーカーテーブルに行ったことないからそっちに行こう・・・。

先日の海外常連さん達から食事に誘われていたのだが、ちょうど5分前に出たようで、どこに行ったか分からない。今日は一人飯だ。

ホテルまでの道のりをプラプラ放心気味に歩いていると、マカオ名物カレーおでんの屋台があった。

f:id:moryama:20151107163704j:plain f:id:moryama:20151107163720j:plain

そういえば、食べたことなかった。英語通じなかったけど、とりあえず、前に並んでいる人を真似て、見様見まねで、適当に頼んでみる。コンビニで青島ビールを買って、狭いホテルへと戻って一人残念会。

f:id:moryama:20151107163732j:plain

めっちゃ辛かった。なんか、最後になぞの液体を追加でかけるかどうか聞いてきたけど、辛くするかどうかだったようだ。ビールが進むんだけど、辛すぎて味が分からん。

しかし、初めてトーナメントでインマネできなかった。サテライト通過orインマネは必ず一回はあって、過去10回程度の海外遠征で初坊主だ。賞金がないと、けっこうお金なくなるなあ。つらい。辛い。真面目に仕事しよう。

次の日。

ギャラクシーへと向かう。最近ポーカールームが出来たようで、プロモーションもいっぱいやっているようだ。レーキが上限100hKまでとか、毎日のハンドジャックポットやAAがクラックされたら500HKなど、盛りだくさんだ。

f:id:moryama:20151105133846j:plain

※雰囲気よし。

昨日、同じ京都の方に聞いた情報によると、プロモーション目当てのショートスタックばっかりで、たいして大きくチップは動かないらしい。お昼の12事半くらいにつくとちょうど1卓開いていて、すぐに座れた。情報通り、2000hkで入っている人が3人。ディープが2人。あとは4000か5000のふつうの感じ。とりあえず4000程度で入り様子を見る。

一人、チップをばらまいている、どんなハンドでも入ってくる人がいた。みんなこの人を狙っている。AQsが来たとき、プリフロで350ほどレイズすると、50のコールをしていたそのおっさんもコール。僕はAヒット。23でついてこられて、3が2枚落ちて、バリューとられる。こつこつと取返しのだが、ツーペアの時にリバーでフラッシュ完成させられたり、トップヒットの時に、5ギャップのハンドで2ペアを作られたりして、なかなか4000から上にチップが増えない(あと、Kkの時に57ハンドにフロップフルハウスに負けるとか)。ナイスダウンとまくられてばかりで、ずっと低空飛行。

結局11時間ほど打って、AKがAAに負けてすっからかんになって終わった。セットもフラッシュも一度もできず、ストレートが一回できただけだった。トーナメントで吐き出した分を少しでも取り戻そうって思ったら傷口を広げただけで終わった。こんなに弱かったっけと不安になる。

明日は香港で一泊してから、日本に帰国するため、日付が変わる前にホテルに戻った。

f:id:moryama:20151102234902j:plain

※真夜中のセドナ広場です。ネタがないと写真に頼りがちなブログである。

おそらく、これが今年最後の海外だ。よい結果で終わりたかったのだが、勝負事なのでこればかりは仕方ない。自分の弱さを嘆くより、弱点を克服できるよう努力せねば。。。

来年はベトナムとかカンボジアなど行ったことない国でポーカーがしてみたいなあ。

そんな感じで、来年も海外でお会いするときはよろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*