ACOPプラチナム行ってきた(最後)

ヴェネチアン

ううむ。それにしても5連続トーナメントを滑っている。

課金厨なみにお金を使っている。そろそろ賞金をとらないと、ブログそのものも面白くならないし、なによりも我がお小遣いが経済的危機に陥ること間違いなしだ。追加緩和が必要だと想い、出稼ぎプロのトモさんに日本円から香港ドルへの両替をしてもらった。

トモさん曰く、今はマカオにはだいたい10人くらいの日本人プロがいるらしい。皆でシェアハウスなどしながら暮らしているそうだ。そういえば、日本で一番有名なスターズプロの木原さんも最近マカオにいたらしい。

木原さんとはテーブルを2回か3回ほど囲んだことあるが、悲しいかな一度も話をしたことない。記憶に残るほどのプレイもしていない。しいていうなら木原さんのAKオールインをKKで取ったくらいか(ナイスハンドって言って貰えた!)。去年の夏、ラスベガスに行った時だ。ベンチでぼーっとしていたら、木原さんが歩いていて「やっぱり来られてるんやなあ」と思って見ていたら目があってしまい、思わず会釈をすると木原さんも会釈をするものの歩みを遅くなり険しい顔しながら必死に誰か思い出そうとして、結局分からないのでもう一度ペコリとして去ってしまったことがあった。有名人になるといろんな人に声をかけられるから大変だなあ、なんて小学生並みな感想を抱いたもりゃ~まである。

f:id:moryama:20160426234609j:plain

※昼に食べたかた焼きそば。美味しそうでしょ。でもそれが、たいして美味しくなかったのである!

日曜日なので、本日の朝の飛行機で帰る人が多く、日本人は両手で数える程度に激減していた。ACOPプラチナムは金土でメインイベントをしていたので、サラリーマンでも有給を使えば来やすい大会だ。でも、さすがに月曜日に帰る飛行機の人は僕のような自営か社長さん系になってくるようだ。

全体の参加人数も減っていて(111人)、さらに参加者のレベルも一気にレベルダウン。5人くらいのリンプインする状況がひたすらに続き、ここはアミューズメントカジノかと錯覚させられるほどの参加率になっていた。

これといったハンドも来なく、いつものようにアベレージ付近をずっとうろうろ。ショート気味になってきた時、AKでQQを倒すが、今日も今日とてたいしたいいところがなく、最後に8bbになってA3でオールインスチールをしかけたら、TTにやられて終わる。

全体的に今回のマカオではスチールを失敗して終わってしまった感がある。あと、セットが5日間を通して一度も出来なかった。前回前々回に引き続きマカオではトナメを14連敗したことになる。去年はトーナメントに55回出場して10回インマネできていたので、今回も6回に1回くらいは出来るかなと思っていたのだが、なかなか予想どおりにはいかないものだ。

わりと早く終わってしまったので、少しでも負けを取り戻そうとキャッシュで遊ぶ。

テーブルも開いたばかりで、僕と同じようにトナメを飛んだ弱小プレーヤーばかり。のんびりとちまちま勝っていたのだが、ナッツフラッシュを下手なおっさんの「25o」フルハウスにまくられて、さくっとマイナスへ。コツコツドカン。FXみたいだ。

ため息をついていると負けて飛んだ沼さんと大阪時代の知人のSさんもやってくる。最終日だしご飯でも行こうと話していたのだが、沼さんの彼女さんがまだトーナメントに残っていた。

彼女さん、無事にバブルを越えて海外初インマネ確定させる。沼さんも僕の隣でキャッシュを打っていたのだが、僕も沼さんも試合が気になって、途中で抜けて後ろから彼女さんを応援しはじめる。

f:id:moryama:20160424210740j:plain

ファイナルテーブルになり、1人また1人と飛んで行く。ショート故に9位くらいでも万々歳みたいな感じだったのだが、気がつけば残り5人!「優勝も見える!」と彼女さん本人よりも外野が熱くなる。

3bbほどになった彼女さんがTKでオールイン。すると2人がコール!Tヒット!それ以外は下のカードでAQとAKを倒してトリプルアップ!これほど応援していて楽しい引きもなかなかない。

別のショートが飛んで残り4人になる。JQでオールインスチールを仕掛けるがA6にコールされる。オープンエンドもついたのだが、最後は引けずに終わってしまった。

祝勝会と最後の晩餐も兼ねて、タクシーで10分くらいの餃子が美味しい中華に行く。二日前もSさんの来たのだが、12時近くで開いている店をまったく知らないのでおなじ店になってしまった。もっといろいろ探しておく必要があるなあ。

f:id:moryama:20160427004244j:plain

※現地の人が食べていたものが美味しそうだったので、同じものを頼んでみた。

まあこんな感じに全てのイベントが終了した。

初めてのACOPプラチナムは少ない日程でマカオにしてはそれなりに多くトナメに参加できた。参加費もなんだかんだ手に届く範囲だったし。ただ、5000点持ちだったり、20分回しだったりして、なかなかポーカーらしいポーカーが出来なかったのがやはり残念なところではある。1万HKとメインはそれなりに楽しめたけどね。

さて、家庭の事情でもしかしたらこれが今年最後の海外ポーカー遠征になるかもしれない。うまく行けば、6月のAPPTソウルもあるかもしれないけど、ちょっと期待値は低めかな。

しばらくはまた読書感想文日記ブログに戻りそうだ。

ポーカー自体は国内でぼちぼちやるので、ホームの京都もしくはたまに出かける大阪の大会などでお会いした時はお手柔らかにお願いします。

それでは、また!

2 件のコメント

  • 楽しく旅行記を拝見しております。
    マカオには居ませんでしたが、私も浜松チームの端くれです(笑)
    今後も期待しています!

  • コメントありがとうございます!
    浜松チームの方々は強い人が多いので同卓するといつもビビってます。。
    どこかで同卓した際はよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です